ミリ・ボーテとは


Mille・Beautéはフランス語の単語を組み合わせたものです。Milleは数字の『千』をBeautéは『美しさ』を意味します。日本では大変大きなもの、数多いものを表現するときに『千』を用います。例えば、千畳敷、千枚田、千本桜など。ここ長野県に源を発し、日本海へとそそぐ日本一の大河千曲川(信濃川)にも『千』の文字が含まれます。小諸から上田方面へと続く千曲川ワインヴァレー東地区。この地域の自然、風土の美しさはまさに、山々の間を縫うように流れぬける千曲川が造り上げたものだともいえます。ミリ・ボーテはこの素晴らしい自然のなかにあって、その一部となり、この地域の『数多くの美しさ』をワインを通じてを表現していきたいと考えています。

ヴィンヤード


2015年約60アールの遊休荒廃地を借り受け、農地に復旧。2016年シャルドネ、メルロー定植。シャルドネ、メルローの追加に加え、カベルネフラン定植。現在約85アールまで拡張。2019年にはソーヴィニヨンブラン定植予定。

栽培・醸造


栽培

 「美しいヴィンヤード」を目指し、丁寧に管理。除草剤は使用せず、馬糞堆肥を使用するなど、自然な環境を心がけています。科学農薬も場合により使用しますが最小限に抑えています。 

 

醸造

 ワイン造りの基礎を学んだアカデミーの「アルカンヴィーニュ」にて委託醸造。ヴィラデストワイナリーの責任者でもある小西氏の監修のもと、クオリティーの高いワインに仕上げていただいています。

代表者プロフィール


代表者 写真左

埼玉県出身

2012年埼玉県川越市より長野県小諸市に移住。

2015年埼玉県公立高等学校教員を早期退職。

日本初の民間ワインアカデミー、千曲川ワインアカデミー入校。

2016年ヴィラデストワイナリーにて醸造研修を受ける。

千曲川ワイン倶楽部、小諸ワイングロワーズ会員